• トップページ
  • ご挨拶
  • 研究所紹介
    • 公共経営研究部会
    • 公共政策分析部会
  • アクセス・お問い合せ

会合記録 『2019年度 公共経営研究部会 ③会合』

7月月27日(土)15時~17時まで 招聘研究員9名が参加して、第3回目の会合を開催しました。(会場は早稲田大学3号館 706演習室)

 

※小川研究員は都合により不参加。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(1)議論の内容
 藤倉研究員の進行によりレジュメを中心に前回までの内容を確認しました。

① テーマ:『身近な地域から公共政策を考える』

② 連続公開講座の内容について講義テーマと特徴の大筋は従来通り

 

(2)模擬講座の開催

① 9月14日(土)14:45参集 15:15~17:15まで(3号館805)

② 模擬的な講座を開催して、相互に気付いたことを抽出し、問題点を整理する。

③ 講師は仁木崇嗣 招聘研究員。
 
 

(3)連続公開講座のスケジュールと担当
  社会的な出来事に着目して、タイムリーなテーマがあれば時期を優先配置する。

2019 10月19日(土) 泉澤佐江子 (7月の参議院選挙に重度障害者が当選)
2019 11月 仁木崇嗣  (模擬講座の鮮度を活かして)
2020 1月末 小川 徹
2020 3月半ば 源田 孝  (3・11東日本大震災との関りから)
2020 5月 峯村昌子
2020 6月 渡瀬裕哉  (アメリカ大統領選挙の動向を考える)
2020 7月 羽田智惠子
2020 9月 大原 透
2020 10月 藤倉英世
2020 11月 畠田千鶴

 

(4)広報活動について

① 集客窓口となるfacebookイベントページのヘッダー画像を、基本デザインとして統一する。(立て看板やチラシのフォーマットもこれに揃える)

② 公共経営稲門会のblogへの投稿は畠田研究員

③ 立て看板(2本)は、担当が原稿を作成し、事務所への申請は羽田研究員

④ 開催の講座にはファシリテーター以外に司会者が必要。

⑤ 予め進行表をつくる。(タイムキープや役割分担を明確にする)

 

会合の様子の写真1