• トップページ
  • ご挨拶
  • 研究所紹介
    • 公共経営研究部会
    • 公共政策分析部会
  • アクセス・お問い合せ

会合記録『2018年度 公共経営研究部会③ 年度末会合』

3月28日(木)18時~ 所長の縣公一郎教授と招聘研究員8名全員が参加して、第3回目の会合を開催しました。(会場は早稲田大学26号館 1102会議室)

 

この日は、藤倉研究員の進行により、2019年度の計画として招聘研究員による連続公開講座を実施する方向で、下記の概要にて話合い、概ね合意を得ました。

 

① テーマ:『身近な地域から公共政策を考える』

② 2年間で8回(全員参加による持ち回り)

③ 成果は研究所のホームページに講義内容、議論の内容などを掲載する。

2年分をまとめて書籍化へのトライを考える。

④ 各回、研究員の役割として、企画~広報・設営・開講・記録まで。

 

なお、各招聘研究員の『2019年度の研究テーマ』は次のとおりです。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

泉澤佐江子 『生活の中の福祉へ発想の転換と基礎自治体職員の役割』

小川 徹  『人工知能(AI)とビッグデータから医療政策を考える』

源田 孝  『地域から災害多発時代を生き抜く知恵を創造する』

仁木崇嗣  『e-Governanceの本質を見極める』-電子政府先進国エストニアの事例から-

羽田智惠子 『時代を読む対話型市民の育成と演劇の活用』

藤倉英世  『小規模自治体・共同体のサスティナビリティとは何か?』

峯村昌子  『8年目の被災地から考える日本の町づくり』

渡瀬裕哉  『(米国)共和党保守派のグラスルーツを支えるエコシステムの調査研究』

以上