• トップページ
  • ご挨拶
  • 研究所紹介
    • 公共経営研究部会
    • 公共政策分析部会
  • アクセス・お問い合せ

会合報告『2018年度 公共経営研究部会② 冬季会合』

12月3日(月)、所長の縣公一郎教授と共に、招聘研究員が全員参加して 第2回目の会合を開きました。(会場は早稲田大学STEP21 ) 夏季に続く課題として、各メンバーから発表されたタイトルは以下のようで、 2019年に向けて調査や研究、あるいは講座や出版準備が進行しています。
 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
泉澤佐江子『地域における障害者の自立支援活動』(業務報告)
源田 孝 『防災・減災の協力と公助と自助の協働』(災害対応の政策提案)
羽田智惠子『演劇を活用するシチズンシップ教育』(出版とシンポジウム)
藤倉英世 『地域活性化の実践・研究計画と部会活動への提案』
峯村昌子 『 人生100年時代の幸福感~地域と観光の側面から考える(東北の被災地での語り部たちの活動調査) 』
渡瀬裕哉 『「政治インフラシステム」フォーラムについて』(提案)
 

(発表あとの交流会で)