• トップページ
  • ご挨拶
  • 研究所紹介
    • 公共経営研究部会
    • 公共政策分析部会
  • アクセス・お問い合せ

会合報告『2018年度 公共経営研究部会① 夏季会合』

7月13日(金)、所長の縣公一郎教授と塚本壽雄名誉教授を囲み、招聘研究員全員が参加して会合を開きました。(会場は日比谷の日本記者クラブ)
この日は『最近の関心テーマと近況報告』を主題に、各自の発表を聞きながら意見交換をしました。各メンバーの研究課題は以下のとおりです。
 
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
泉澤佐江子『浦安市(障害福祉部)自立支援協議会の事務局機能を考える』
源田 孝 『防災多発地域を生き抜く知恵と災害文化の創造』
羽田智惠子『少子・AI・グローバル時代に立向える人材育成のために』
藤倉英世 『「公的空間」の概念を現代的に更新する研究の推進』
峯村昌子 『働き方改革法案を受けて、大人世代の働き方と健康増進に向けての情報発信~メディアのあり方を考える~。調査と考察』
渡瀬裕哉 『米国における共和党保守派市民団体に関する研究の継続』
 

(日本記者クラブにて)